失敗することが少ないみんなで大家さんの真実

男性

審査時間を短縮するために

相談

しっかり伝えて準備する

不動産に投資する場合、最も気になるのは、家賃の滞納が発生しないかどうかということです。そこで、近年注目されているのが家賃の滞納リスクを軽減できる賃貸保証会社の活用です。賃貸保証会社は、借主から申し込みを受けた時に審査を行いますが、審査に通るということは家賃を滞納する確率が低いことであり、部屋を貸した後でも比較的安心できることになります。審査についても、なるべく時間がかからない方が、貸主にとっても借主にとっても好都合です。賃貸保証会社の審査が長くかかると、入居日が遅くなりそれにより家賃収入も減ってしまいます。賃貸保証会社の審査にかかる日数をなるべく短くするために大切なのは、借主に賃貸保証会社から審査時に電話連絡があるので、必ず対応するようにしっかり伝えておくことです。中には入居申込書だけで時間も10分程度と短時間で判断する賃貸保証会社もありますが、不十分な審査になる場合もありますのでそこを理解して活用しましょう。最近では、連帯保証人を付けても、賃貸保証会社への加入を行うケースが増えています。これは、滞納時に連帯保証人も支払いができない場合が増えていることが背景にあります。賃貸保証会社の審査において、連帯保証人にも連絡が入る場合もあるので、審査時間を早めたいときは、連帯保証人にも審査会社から連絡が入ることを伝えておく必要があります。また、申込書に記載する緊急連絡先にも審査の際に電話連絡が入る事もありますので、事前に部屋を借りることはしっかり伝えておき十分準備しておきましょう。